読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺ニートは社会復帰の夢をみる

社会復帰を目指す底辺職歴なしニートの日記帳

弱さを受け入れる事は大事だって事

こんばんは、なぎなぎです。

今日も寒かった……寒いと家の中が急速に冷えるので

やる気も急速にしぼんでいく。それでも今日はなんとかそこそこの

進み具合で終われた。でも点数としては45点くらい。

自分にそこそこ厳しめの点数をつける。これには訳がありまして……

 自分を信じているからこそ、まだやれるだろ?と言い聞かせている訳です。

 

かつては人を見下して生きていた

凄く情けない話なんですけど、かつて私は虚栄心の塊でした。

あいつよりも自分の方がやれる。今はできないけど少し学べば簡単さ。

俺が世界で一番。択ばれた天才なんだとか、言葉にはしてないけど

ナチュラル傲慢マンというか、もう本当にとにかく痛い人でした

まぁ、これには訳があるんですけどね。

誰よりも自分の才能のなさに絶望していた

運動は好きだけど走れない。

だからといって勉強もできない。

得意な事はゲームしかないのに、それだって自分より上手い人は幾らでも居る。

何をやってもナンバーワンになれない、その事に気づき絶望した私は

「まだその時じゃない」とか「まだ本気を出していないだけ」とか、

自分を誤魔化して強がり、どんどん傲慢になっていきました。

特にニート1、2年目くらいは特に酷かった気がしますね。

毎日の様に無駄な自信に溢れていました。今思うと、本当に無駄

だって、何も行動してないんですもん。

強がる事をやめられなかった。故に続いたニート生活

自分ならできる、自分は天才だ。そんな事を思い続けて数年。

私は他人へのコンプレックスをこじらせて引きこもりました。

ただ、食べて寝るだけの生活。そんな中でも私は強がり続けていました。

今思うと、そこで強がるのをやめていれば良かったのに、と思います。

でも出来なかったんですよね。自分には何もないと認めるのが恐かった。

そして、その恐怖すら認める事が出来なかった。

だから、ただ食べて寝るだけの生活になっていった。

眠ている間は楽ですからね、色々と。

弱さは受け入れれば一瞬だって事

全てを受け入れられる様になったのは最近です。

いざ受け入れると一瞬でしたね、本当に。

むしろやっと此処から始められるんだ、と気分が楽になりました。

人を見下す事もなくなりました。

むしろ、今はどちらかというと自分が見下ろされる立場なんだと自覚し

早く隣にならべる様にと、少しずつですが努力をできる様になりました。

そんな風に自分が変われたのもネットでのある出会いがきっかけでしたが、

今回は割愛させていただきます。

 

弱さを受け入れるのは恐い

私の様なニートや引きこもりの方だけじゃない。

誰にとっても自分の弱さを受け入れるのは凄く勇気が居る事だと思うんです。

最初の一歩さえ踏み出せば、「え、こんな簡単だったんだ」と

思わず拍子抜けしてしまう様な事ですが……

でももしかするとその一歩を踏み出さないまま一生が終わってしまう

なんて人も居るのかもしれません。気持ちは分かりますよ。

弱さを受け入れるって事は自分を丸裸にするって事で

そんなの恐いに決まっていますよ。

でもね、踏み出して欲しいんですよ、その一歩を。

弱さを受け入れてしまえば、むしろ弱さこそ自分の強さだと思えれば

その後の人生はきっと明るい物になるんです。

少なくとも、私はそうなりました。

何もないのだから、何でもないのなら、

今から何でも詰め込む事ができる、何にでもなれる。

お前には無限の可能性があるんだと

そう、心の底から自分自身を信じてあげられます。

 

ご拝読ありがとうございました。

明日も良い日になりますように!