底辺ニートは社会復帰の夢をみる

社会復帰を目指す底辺職歴なしニートの日記帳

はっきりしない父

父が今日はどうにもはっきりしない一日だった。

最初の約束では今日、朝起きた後庭の掃除を2人で行う筈だった。

しかし約束の時間をすぎても父はごろごろしていた。

「あぁ」と「うん」しか言わない。

結局、30分以上遅れての作業開始だった。

無論、終了時刻もそれだけ遅れた。

 

突然、墓参りに行こうと良いだした。

午後、調子がよかったら連絡するからといって

ゴロゴロし始めた。

しかし昼をすぎても3時をすぎても父の態度ははっきりしなかった。

「行くかもしれないし、行かないかもしれない」

調子が悪いんだ、と言っているが

ごろごろしながらあれを買ってこいこれを買ってこいと

命じて来た所からそれを感じる事は全くできなかった。

実は、単純にめんどくさいだけなんじゃないかと思う。

 

物事を煙に巻く癖が私にはある。

雲をつかむというか、実態が分からないといわれることがあった。

そういう部分は父譲りだったのかもしれない。

広告を非表示にする