読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺ニートは社会復帰の夢をみる

社会復帰を目指す底辺職歴なしニートの日記帳

時には諦めは肝心

一日経ってだいぶ気分は落ち着いた。

落ちてしまったものは仕方ない。

もう一度別の訓練に応募することも考えたが

来月応募すると面接は再来月で、

もし今度は受かったとしてもさらに訓練はその後からなので

訓練終了は2月くらいという事になる。

父に言い渡された期限は今年までなのでルート変更を決意。

ハローワーク、若者ハローワーク

再び通って仕事を探す方向にシフトする事にした。

よし諦めたぞ! と思いつつもまだ若干、気分は落ち込んでいた。

不採用のメールや電話を一本貰う度に死ぬほど落ち込んでいたが

不合格ぐらいなら1日寝ればすっきりしてるさ!と思ったがそんな事はなかった。

それでも気分を変えて、なんとか1日を過ごすと

ポストにお手紙が。

「不合格」 訓練校からの手紙が今更届いたのだった。

死体蹴りかこのやろう……と思いつつもゴミ箱に投げ捨てる。

 

いいさ、良い度胸だ。

お前たちがどうにもならないとほうり捨てたニート

その底力を見せてやろうじゃないか。あんたたち訓練校に頼らなくても

プログラムを習得してやる。就職してやる。

静かにニートは闘志を燃やした。結果はまだ分からない。