読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺ニートは社会復帰の夢をみる

社会復帰を目指す底辺職歴なしニートの日記帳

ひたすら眠たい日

こんばんは、なぎなぎです

今日も良い天気でした。食事は美味しいし本は面白い。

日曜の過ごし方としてはまずまずだったのですが

今日はとにかくもう眠たくて眠たくて仕方なかったです。

何してても眠い。とにかく眠い。

睡眠時間は十分な筈なんですけどね。

月に1回ぐらいはある気がします、こういう日。

 

起きるべきか寝るべきか

何してても眠いならもういっそ眠気が取れるまで

寝てしまうべきなんじゃないかと思います。

でも寝れば寝るだけ使える時間は減っていくし、

1日なんてたったの24時間しかない訳で。

結局、今日はすぐに起きましたが眠気は取れず

昼過ぎまで眠くて眠くて何にも手がつきませんでした。

結局、何もできなかったなら寝てた方が良かったんじゃとか

そんな気までしてきました。どっちが正解だったのかいまだに分かりません。

 

眠りは娯楽? それとも休憩?

私は昔、昼寝をよくしていました。

というのも昼寝をするとよく夢を見れるので

夢が見たくて眠るという感じで寝る事が娯楽の一つでした。

だからいまだに私は眠る事=娯楽 というイメージがあり

ついつい、睡眠時間を削りがちです。

でも実際は眠る事は大切な休憩時間で

むしろ、他の事を削ってでも確保するべき時間らしいです、実際は。

私の睡眠時間は6時間。短い時は5時間~5時間半。

人は8時間の睡眠時間が居るとか聞きますし

もうちょっと寝るべきなのかな。昼寝、再開しようかなぁ。

 

寝るべき時と寝ないべき時がある? 

私の眠気が来るタイミングは多くが日中。

なので眠気が来てもカフェイン入れるなりして

起きているのが普通なのですが、

夜中に来るケースだとちょっと悩みます。

あと1時間は起きていたいという時にふと、急に強い眠気が押し寄せてくる。

今寝れば本当に気持ちよく寝れる気がする。

でも今寝れば、今日という日を後悔する気がする!

そんな葛藤に襲われつつ、結局頬をつねったり、腕をつねったりして

起きている時が多いです。

でもそういう日って結局、眠気の方に意識がいっていて

何も集中出来ない気がします。

寝るべき時と寝ないべき時がある筈だ!とか

思っていましたが、実際は眠い時は寝てしまうべきなのかもしれません。

どっちが良いのか、今度試してみようと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

まず、どの時間を削るかと考えた時、まっさきに候補に挙がるのが

睡眠時間なんじゃないかな、と思います。

でも睡眠時間削った結果が日中の眠気なんじゃないかという気もして

結局、素直に寝た方が良いんじゃとか思います。

もう少し寝た方が良いのかなぁ