読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺ニートは社会復帰の夢をみる

社会復帰を目指す底辺職歴なしニートの日記帳

少しずつでいい

こんばんは、なぎなぎです

今日は少し遅く夕方に散歩に出かけると

散歩コースの桜や牡丹(でいいのかな?)もすっかり散っていた。

少し物悲しさを感じつつ帰宅。

まだ春は来たばかりなのにもう春が終わった様な気分です。

でもきっとすぐに夏はやってくる。そして秋が来て、冬が来て、

今年の末ごろの自分はどうなっているんだろうか。

ニート、卒業出来ていると良いのだけども!

 

少しずつ戻ってきた意欲

何事もなるべく楽しんでやろう。

あるいは楽しんでやる為に精一杯苦しんでやろうと決めた。

少しずつ意欲は戻ってきた気がする。

数週間前と比べるとまだまだだけど、

すっかりやる気をなくしていた数日前と比べれば

幾分かマシだ。

「やらない」から「やろうかな」ぐらいにはなった

此処からまた上がり続けてくれるといいのだけども。

 

行きなり大きな結果は望まない

大きく意欲が下がっていた理由はきっと2つ

資格試験の失敗でおもいきり挫けてしまった事。

それと、なかなか結果が出ない事に焦れてしまったという事だと思う。

確かに中々形にならなかった。基礎をやれどもやれども応用は上手く行かない。

とりあえず何か作りながらやってみようと思ったものの

「じゃあ、何作るの?」と最初から思い切り躓いていた。

想像性と発想力で勝負だ!と思っていたけども

どうやら根っこの所は生粋のマニュアル人間の様で

指標や誰かの指示がないと中々動けないらしい。

それでもなんとかしようしようと動いていたけども上手く行かず

結果が出ない。じゃあ、努力は無駄じゃないか→やる気を無くす

という流れだったのだと思う。

とりあえず小さな結果から出していこうと思う。

 

少しずつでいい。最初を思い出す

思えば最近はいろいろな理由から作業が途切れがちでした。

継続こそが力である。そう、ブログの最初の方で言っていた気がします。

思えばあの頃は壁にも突っかからず、とりあえずとんとん拍子で

階段を上っていた頃で多少の悩みもあれどそれを吹き飛ばす勢いがありました。

継続し続ける事で大きく助走が付いていたのだと思います。

そして、今はその勢いをすっかり無くしている状況です。

またあの頃の様に階段を上るには助走が必要です。

最初からやり直しと言いますか、今はまた少しずつ勢いをつけていく時期

なのだと思います。少しずつでいい。今日は半歩で良い。

最初の頃の様にまた積み上げていこう。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

1か月ぐらいかけて思い切り勢いをつければ案外、簡単に壁を

越えられてしまうんじゃないかなぁ、などと楽観的に考えてます。

悩みすぎない。前向きに考える。残り少ないですが今月。

そして来月はそれを忘れずにいこうと思います。