読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺ニートは社会復帰の夢をみる

社会復帰を目指す底辺職歴なしニートの日記帳

もし、今出来る事が出来なくなったとしたら

こんばんは、なぎなぎです

雨が続く日々です。雨は嫌いではなくむしろ好きな方だったのですが

日に当たらない日々が続くと気が滅入ってきます。

そんな所為か今日は少しネガティブになっていました。

 

今出来る事が明日も出来るとは限らない

今出来ている当たり前の事、それが明日も出来るとは限らない。

何が起きるか分からないのが世の中だし、

未確定の連続こそが人生であると思う。

じゃあ、今出来る事が明日突然出来なくなったらどうするんだろう。

辛い。そう表現するしかないが実際はそんな言葉以上に

ひどい人生になるのだろう。

 

もし、今出来る事が出来なくなったとしたら

プログラムが、小説が、ゲームを作る事もやる事も出来なくなったら

さぞかし辛い人生だろうなぁと思う。想像するだけで

これだけ恐ろしいのだから、もし、そういう事態に陥って

しまったら自分はきっと生きていけない。

でも死ぬ度胸もないので苦しみながら生きていくのだろう。

自殺は生の放棄だ、根性なしのする事だと昔は思っていたけど

実際は凄く行動力が必要な事でむしろ、根性ありすぎた結果の

自殺なんだと今は思う。悩み苦しみ、そこから逃げるためには

それしか選べなかった。人の命は尊い。でも死ぬことでしか

救われない人も居る。辛い世の中だ。

 

それでも生きていくべきだと思う

今出来る事が出来なくなって、やりたい事が出来なくて

人生に生きがいを見いだせなくなっても

のたうち回って、泥を啜っても、生きている限りは生きるべき

だと私は思います。生きる義務とか、権利とかじゃなくて

上手く言えないけどそうするべきなんだという確信がなぜかある。

辛い時期は何時かは明ける。報われるときは必ず来る。

耐えて、耐えて、耐え続けて、そうして見えてくる何かがある。

少なくとも、私はそれを知っている。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

見直してみると今日は雨の所為か若干、ネガティブな文章です。

でもその日に思った事を書く、着飾らないのがこのブログなので

今日はそのまま書いておこうと思います。

生きるって大変ですよね。

でもなんだかんだで生きているだけで奇跡だと思いますよ。