読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺ニートは社会復帰の夢をみる

社会復帰を目指す底辺職歴なしニートの日記帳

やっぱり休む日は必要だと思った事

雑記

こんばんは、なぎなぎです。

今日はちょーと上手く行かない日でしたね。

度々湧き出す将来への不安、散る集中力。

なので決断したのは結局、午後3時ぐらいでしたが

今日は休む日だ! と決めて作業はほとんど休んでしまいました。

すると恐ろしいほど楽になりましたね。どうやら知らず知らずの内に

また自分を追い詰めようとしていた様です。

ニートに休日は必要か

私も友達には「毎日がエブリディ!」なんて気楽そうに言ってますが

実際はそんな気楽なもんじゃありません。

不安でいっぱいだし、土日でさえ家に居るのが何処か申し訳ない

様な気持ちもなる。なんとかしたいけど

なんとか出来ない自分の不甲斐なさに苛立ちを覚えたり、

「自分何か……」と卑屈になる時もあります。

まぁ、今は「何時かなんとかできるさ!」

と思うポジティブさを意識する事で大分緩和されたのですが

それでも常に何かしら追い詰められている状況ではあります。

よく考えればゲームもしなくなった。漫画も小説も読んでいない。

寝る前にアニメは見ますが昔ほど熱中できていない。

頭の隅では明日の予定を組み立てている自分が居る。

恐らく、昔は自然に出来ていた『休む』という

行動が抜けてしまっているんだと思います。

休んでいる様で休んでいない。常に何かしらの緊張状態にある。

その無理のツケは絶対に何処かで払う事になると思います。

なので、そうならない為にもやはり休む日は必要だと思います。

 

何時休む? 

難しい所ですね。

今日みたいに「ちょっと駄目かも」まで来た所で休むのは

駄目だと思います。

その手前ぐらいで休むのがちょうど良いと思うんですが

加減が今一分りません。

毎日数時間、だらっと休みを取るような時間を入れるべき?

でも毎日は休みすぎな気がする。何より、現状でもわりと

時間はカッツカツ。休むより作業がしたいという思いは強い。

作業しながら休めれば良いのになぁ、とか考えちゃいますよ、

あ、いけない。また休めなくなってる!

まぁ、そんな感じで暇さえあれば何かしようと考えてしまう、なぎなぎ。

休むならどのタイミングでどの位休めば良いんだろうと思いました。

とりあえずの結論ですが、「焦りが強くなったら半日休もう」です。

思えば焦燥感が強くなっている時期は作業の進みも悪い。

多分、疲れてきて前向きでいようという気持ちが弱くなってきた結果

自発的にではなく「そういう気持ち」につき動かされて「やらされている」

状態になってしまうからなのでしょう。ですから、ポジティブさを取り戻す意味でも

思い切り気分転換をしてしまおうと思います。

因みに頻度は週1程度。週2ぐらいまで行くとやっぱり時間に余裕がなくなるので

妥協点としてはこの辺かな、と思いました。

 

休みは何する?

何してたって良いと思います。

ただ、休むといいながらプログラムしてたりテキスト開いてたり

中途半端な休みにしない様に心がけるべきだと思います。

休みがあるから休みじゃない日は頑張ろう。

そう思えるような質の高い休日を謳歌するべきなんだと思いました。

でも、お金ないから出来ること少ない

思えば社会人の人はそうやってON、OFFを上手に切り替えて生きてるんですよね。

社会人になるというのはそうやって上手く立ち回れる様にもなる事なのかな。

私も自分の中にそういうスイッチを作る様に頑張らねば!

 

ご拝読ありがとうございました。

明日は頑張るぞ!