読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺ニートは社会復帰の夢をみる

社会復帰を目指す底辺職歴なしニートの日記帳

普通の日を増やして行きたいと思った

こんばんは、なぎなぎです。

今日も引っかかってしまって作業の進みは少し悪かったと思います。

でも、それを除けば普通の日でした。

書く事がパッと思いつかないぐらい普通の日。

でも、こういう日こそ増やしていくべきだと思うんです。

 

普通を謳歌する

普通に寝て、起きて、ご飯を食べて、1日を普通に過した。

焦燥感も感じることもなく、ただ、一瞬一瞬を楽しんでいた気がする。

いつもポジティブを心がけつつも、心の隅では焦燥感に襲われていたりする。

それが今日はなかった。何時もと比べると

3割増しくらい調子が良かった気がする(当社比)

大げさですが、人生を謳歌したぞー! って気がする。

まだ死んでないですけども。

 

普通は良い事。普通である日を増やしていこう

普通って要するに真ん中ら辺です。

最低と最高の中間。

人って最高を求め勝ちですけど、日々の生活では

どっちかというとこの真ん中ら辺にある『普通』こそ求めるべきだと思います。

何してても普通に楽しいし、ご飯も普通に美味しい。

要するにね、普通の日ってのは何やっても上手い方向に変わる日なんです。

そういう日こそ増やすべきだと思います。

じゃあ、普通であるにはどうすれば良い?

分りません!

むしろ私も知りたい! どうすれば良いんですかね。

だって、今日は寝て起きたら普通の日だった。

一つあるとすれば、寝る前に何か今日が楽しみな理由があった気がする。

何が楽しみだったのか覚えてないけども

多分、「今日を楽しむんだ!」って思いが普通を呼び寄せるんだと思います。

結局はポジティブ理論に行き着くんですね、分りやすい人間だな、私は!

試しに今日も同じ事を試してみようと思います。

むしろ、今日は昔の様な「遠足楽しみすぎて眠れねぇ!」

状態になるまで明日を楽しみにしてみようと思います。さて、どうなるかな。

早くこいこい普通の日!

 

ご拝読ありがとうございました。

因みにブログは書くこと悩む事もありますが今の所、普通に楽しいです!