読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺ニートは社会復帰の夢をみる

社会復帰を目指す底辺職歴なしニートの日記帳

Keyアニメ、CLANNADについて語る

こんばんは、なぎなぎです。

今日の分はもう終わったんですが最後の辺りで

若干シリアスを展開してしまったので少し頭を花畑にして

アニメ記事を書くことにしました。題材は

 

f:id:ntbl209173:20170220190743j:plain

 

   あらすじ

進学校に通う高校3年生の岡崎朋也は、無気力な毎日を送っている。
毎日同じことの繰り返し。
周りのみんなのように学校生活を楽しむこともできず、毎日遅刻ばかり。
そのためか、校内では浮いた存在になっていた。
ある日、朋也は学校まで続く坂道の下で、一人の少女と出会う。

(公式HPより抜粋)

   

これだけだとイメージし辛いかもしれないですね。ただ、CLANNAD

単純に「こういうアニメだ」と表現し辛い所があるのです。

1期のCLANNAD、そして2期のAFTER STORYまで見て始めて全てが

生きてくるという所はリトルバスターズ!(アニメ)と同じですが、

そもそもKey作品の学園物の系列は

Angel Beats!もそうですが、単純に学園青春物と評するのは少し違う

ファンタジーだけど、どこか隣り合わせの世界の様に感じる不思議な錯覚。

それを感じさせる独特な雰囲気があり、見進める事でその世界に没頭していく。

まさに噛めば噛むほど味が出る作品なのです。

以下、若干のネタバレを含みます

 

主人公、岡崎朋也

f:id:ntbl209173:20170220193910j:plain

主人公の岡崎朋也は一見するとそこら辺にいる不良ですが、

実際は面倒見の良い少年な上に性根の所は真面目という

不良らしからぬ不良です(というかレッテルを貼られてるだけ)

CLANNANは彼を主軸に物語が展開していきます。そんな彼の魅力とは

 

 

f:id:ntbl209173:20170220194659j:plain

他人の為に全力を尽くす

無気力な毎日を~とあらすじでは語られていましたが、

そんな彼も他人の為には全力全開です。

自分の為ではなく、他人の為に熱くなれる男というのは

それだけでカッコイイ物があります。

 

f:id:ntbl209173:20170220195059j:plain

唐突に飛び出すコミカルな言動

普段は物語の常識人枠として存在している彼ですが、

そんな彼も唐突に振り切れる瞬間がちょいちょいやってきます。

お茶目な人間なんですよね、意外と。

真面目なだけじゃなく冗談も心得ている。

CLANNADの中で絶妙なバランス感覚を持っている人物だと思います。

 

f:id:ntbl209173:20170220195508j:plain

隠し続ける弱さに親近感を持つ

しかし彼にも弱さはあります。

彼は物語の間、常に自分自身から逃避し続けているのです。

向き合うことに恐れ、そこから逃げ続け。

逃げて、逃げて、逃げて彼は無気力である事を択んだ。

……CLANNADはそんな彼が少しずつ世界に向き合っていくお話でもあります。

 

春原陽平という存在

f:id:ntbl209173:20170220202438j:plain

主人公の親友、春原陽平は主人公にとって2番目に大きな存在でしょう。

春原がいるからこそ主人公があり、主人公があるから春原がいる。

どちらが欠けてもなりたたない存在です。

 

 

f:id:ntbl209173:20170220202833j:plain

CLANNADの馬鹿枠。だが、やっぱりそれだけじゃない

彼は所謂、馬鹿枠です。

大きな悩みを抱えている訳でもない。

過去に一悶着あれど、その結果を受け入れて自堕落な生活を送る人物。

結果を受け入れたという一面だけでみれば、主人公と正反対の選択を択んだ

ともいえる人物で主人公に最も近く、同時に遠いキャラクターです。

しかし彼が居たからこそ起こった出会い、出来事というのも多いのです。

恐らく、彼が居なければそもそもCLANNADが始まらなかったでしょうし

話も進むことはなかったでしょう。それほどに大きな存在です。

 

ヒロインについて

 

f:id:ntbl209173:20170220204716j:plain

 

CLANNADの登場人物はヒロインを含めてその多くが大小はあれど

停滞の中にいます。立ち止まり、呆けて、流される事を良しとして

いる部分があります。その中で一際、異彩を放つのが

彼女、古河渚というメインヒロインでしょう。彼女だけは

前に進むという確固とした意思を持って常に行動し続けます。

弱気な所はあれど、芯が強い彼女に主人公は徐々に感化されていく……

というより素を引き出されていくのですが、その様子が中々良い。

でもまぁ、私は主人公と春原とのツーショットの方が好きですけどね!

(BL好きという訳ではない)

ヒロインにハズレはない。是非、原作をやって欲しい

f:id:ntbl209173:20170220210052j:plain

原作がギャルゲーという事もあって、ヒロインの数は多いです。

しかし、残念ながら話の都合でカットされた部分は多く

メインヒロイン以外のヒロインの魅力は7割、6割といった所。

アニメはとても良い出来ですが、是非原作にも手を伸ばして頂きたい。

特に上段左側の銀髪のヒロイン、坂上 智代とその隣の宮沢 有紀寧。

2人のルートは回って欲しい。智代はアフターもあるそうですね。

本だけは持ってます。読んだら買おうと思ったけど切なすぎて無理でした!

CLANNADは『絆』

f:id:ntbl209173:20170220210829j:plain

 

CLANNADは人生!などいうフレーズが流行ったそうですが

ちょっと違うと思いまず。CLANNADが物語を通して体現するのは

人と人との『絆』です。

物語が進む中で、強く強く結ばれていく絆。

それは特別じゃなくて、世界を見ればありふれたものかもしれない。

でも、だからこそ胸に響く。

 

 

此処までご拝読ありがとうございました。

こういった記事は始めてな為、魅力を伝えきれているか分かりませんが

CLANNDA、是非ご視聴ください。損はさせません。